311当事者ネットワークキャラバン2019 TOKYO

311当事者ネットワークキャラバン2019
TOKYO

昨年より沖縄、北海道で開催してきた「311当事者ネットワークキャラバン2018」。3月は東京にてキャラバンと、各地の様子を振り返る機会を設けます。発災から8年となるタイミングでもあり、あらためて「避難」についてご一緒に考え、私たちの声を共有しましょう。
どうぞお気軽にご参加ください。

◉全国キャラバンと私たちについて。
私たちヒラエス・プロジェクトチームは、全国各地で避難を経験した当事者として、同じ地域に避難した者同士、また同じ地域から避難した者同士で支え合い助けあってきました。8年が経ち、私たちの経験はなんだったのか、お互いの声に耳をすませ、語りあい、経験をわかちあいたいと思い、つながり直し、そして動きはじめました。
昨年6月より、避難当事者の声を積み重ねていくキャラバンを沖縄から始めました。あなたの大切な経験も一緒につなげていきましょう。私たちの未来のために。

:主催:
特定非営利活動法人えひめ311(ヒラエスプロジェクトチーム)
:後援・協力:
復興庁、福島県、東京ボランティア・市民活動センター
特定非営利活動法人とみおか子ども未来ネットワーク、一般社団法人ほっと岡山、福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会

開催日時
平成31年3月3日(|10:00〜17:00(開場9:45)
*お昼の時間がありますが、昼食の準備はありませんので各自にてお願いします。

開催場所
東京都社会福祉協議会会議室
〒162-8953 東京都新宿区神楽河岸1-1 12階

参加対象
東日本大震災により被災された方、避難されている方、支援者等各関係者

参加費無料/80名程度/要事前申込

〔お申し込み・お問い合わせ先〕担当:市村
件名:(例)「311東京参加(1部・2部・3部)」
メール: info@hiraeth.work
電 話:070-5515-2217(えひめ311内:澤上)

ヒラエスHP「コンタクトフォームもご利用ください。
(すぐに返信できない場合がございます。ご了承ください)


開催内容:全3部構成
※どの部からでもご参加いただけます。事前にお申込みください。

■第1部::10:00~11:45(開場9:45)
シンポジウム「避難の実態と地域復興の実情について」
東日本大震災発災から8年となり、現在も長期的な「避難」が継続しています。復興庁の設置期間は発災から10年とされていますが、避難者の取り巻く状況には多くの課題が残されたままです。そこで、津波地震の被災当事者と原発事故の避難当事者を迎えて、「避難」の実態と現地復興の実情について考えます。
:登壇者:
・コーディネーター:下村健一氏(元TBS報道キャスター、元内閣府参事官)
・パネラー:三浦友幸氏(宮城県気仙沼市議、旧市民活動に従事)
・パネラー:澤上幸子氏(ヒラエスプロジェクトチーム共同代表、特定非営利法人 えひめ311事務局長)

■第2部:13:00~14:00(12:30開場)
2018年度「311当事者ネットワークキャラバン2018」報告会
これまで実施してきたキャラバンの様子や開催の意義などについて、沖縄及び北海道の参加者をお呼びして、キャラバンの振り返りや「避難」についての報告会を開催いたします。
:登壇者:
・桜井野亜(ヒラエスプロジェクトチーム共同代表、福島避難者のつどい沖縄じゃんがら会代表)
・沖縄キャラバンに参加した避難当事者の方
・藤本昭則(ヒラエスプロジェクトチーム共同代表、旧みちのく会札幌本部長)
・北海道キャラバンに参加した避難当事者の方

■第3部:14:00~17:00
311当事者ネットワークキャラバン2019 TOKYO
参加者によるグループディスカッションを行います。
所属に別れ、それぞれの立場からパネルディスカッションやキャラバンの報告を踏まえて、率直な気持ちを話しあう機会とします。


※ 取得した個人情報は、本キャラバンの参加者の把握を目的として使用しキャラバン終了後も、厳重に取り扱います。

この事業は、タケダ・赤い羽根広域避難者支援プログラム2018の助成を受けて開催しています。

311当事者ネットワークセミナー2018 おかやま

フライヤー(PDF):セミナー2018 岡山

:主催:特定非営利活動法人えひめ311(ヒラエスプロジェクトチーム)
:協力:大阪市立大学、福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会、特定非営利活動法人とみおか子ども未来ネットワーク、一般社団法人ほっと岡山
:後援:復興庁、福島県

|セミナー|参加:無料|定員 30名

広域避難者支援における行政の取り組みとその課題

東日本大震災と原発災害から7年半が経過した。現在でも広域避難者は全国に展開している。避難者への救済措置として公的支援がなされてはきたが、支援策が日を追う毎に減少傾向となるなど、課題は山積している。行政の役割といった基本的な概念整理を踏まえ、さまざまな事例を元に、今後の避難者を取り巻く環境について考える機会とする。

師 金井 利之 氏 
プロフィール:東京大学大学院法学政治学研究科法学部教授(自治体行政学・行政学)。1967年群馬県桐生市生まれ。1989年東京大学法学部卒業。著書に『自治制度』(東京大学出版会)、『実践自治体行政学』(第一法規株式会社)、『原発と自治体―「核害」とどう向き合うか』(岩波書店)、『行政学講義』(ちくま新書)、共著に『地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか』(筑摩書房)、『原発被災地の復興シナリオ・プランニング』(公人の友社)、編著に『分権改革の動態』(東京大学出版会)などがある。

開催日時
平成 30 年11月8日(木)18:00 start 17:30 開場/20:00終了)

開催場所
大阪市立大学杉本キャンパス1号館2F 120教室
(大阪府大阪市住吉区杉本3丁目3−138)

|お申し込み・お問い合わせ先|締切11/1(木)
ヒラエス・プロジェクトチーム(担当:はっとり)
メール・お電話にて、①お名前 ②連絡先 をお知らせください。
メール:info@ hiraeth.work
電 話:07055152217
H  P:申し込みフォーム(http://hiraeth.work/category/administration/)


*「避難当事者の抱える思いを形にするための“かけらむすびプロジェクト”事業」は、 タケダ・赤い羽根広域避難者支援プログラム2018の助成を受けて開催しています。

311当事者ネットワークキャラバン2018 HOKKAIDO

フライヤー(PDF): キャラバン2018 北海道

:主催:特定非営利活動法人えひめ311(ヒラエスプロジェクトチーム)
:協力:特定非営利活動法人北海道NPOサポートセンター、北海道NPO被災者支援ネット、特定非営利活動法人とみおか子ども未来ネットワーク、一般社団法人ほっと岡山、福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会
:後援:復興庁、福島県、北海道

開催日時
平成 30 年 9 月 2 日(日)| 10 : 00 ~ 20 : 00 ( 9:45 開場)

開催場所
札幌テレビ搭 貸しホール 「ライラック」
(北海道札幌市中央区大通西 1 丁目)

開催内容:全3部構成( 9:45 開場)
※どの部からでもご参加いただけます。事前にお申込みください。

■第 1 部:ワークショップ(10:00~12:30)
対象者:避難当事者、被災者支援関係者向け
参加費無料先着優先|定員・20 名程度

■第 2 部:講演(13:30~15:00)
対象者:避難当事者、被災者支援関係者及び一般
参加費無料先着優先|定員・20 名程度

「オクシリと私」
〜災害経験に向き合うこと、災害研究に取り組むこと〜
講師 :定池 祐季(東北大学災害科学国際研究所 助教)

[講演の概要]
北海道南西沖地震の発生から25年。中学生の時に奥尻島でこの災害を経験し、研究者になった立場から、自らの災害経験の向き合い方の変化や、研究者として学んだこと、その生かし方について。

■第 3 部:交流会(15:00~20:00)
対象者:どなたでも参加可(申し込み不要&自由解散)
参加費1000円
・17:00に食事をご用意いたしますが限りがあります。

飲み物は各自でご用意をお願いします。
持ち込み大歓迎です。

〔お申し込み・お問い合わせ先〕担当:藤本
ヒラエスHP「コンタクトフォームをご使用ください。
件名:(例)「北海道:1部・2部・3部に参加」
メール: info@hiraeth.work
電 話:070-5515-2217(えひめ311内:澤上)

※ 取得した個人情報は、本キャラバンの参加者の把握を目的として使用しキャラバン終了後も、厳重に取り扱います。

この事業は、タケダ・赤い羽根広域避難者支援プログラム2018の助成を受けて開催しています。

Facebook!開設準備中!

現在、Facebookのページの開設準備をしております。
公開まで、もう少々おまちください。
—–
FBでは、より詳細な情報発信を行ってまいります。
当活動に、ご興味頂ければ幸いです。

公開しましたら、どうぞ「いいね」で活動応援のほど宜しくお願い致します。

311当事者ネットワークセミナー2018 えひめ

フライヤー(PDF): セミナー2018 愛媛

:主催:特定非営利活動法人えひめ311(ヒラエスプロジェクトチーム)
:協力:福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会、一般社団法人ほっと岡山、特定非営利活動法人とみおか子ども未来ネットワーク、311当事者ネットワークヒラエス
:後援:復興庁、福島県、愛媛県

社会心理学の観点から 避難者の心理的行動を読み解く
「なぜ災害から逃げ遅れるのか?―ヒトの心に潜む脆弱性」
高橋 征仁 氏(山口大学人文学部 社会学講座 教授)

2018年8月3日(金)|18時~21時(出入自由)
場所:愛媛大学 法文学部本館2階 法政共同研究室1
(愛媛県松山市道後樋又10番13号)
参加費無料 ・ 当日参加可|定員30名

〔お申し込み・お問い合わせ先〕
メール・お電話にて「1.お名前」「2.連絡先」をお知らせください。
NPO法人えひめ311事務局まで
メール:ehime311@yahoo.co.jp
電 話:070-5515-2217
※ 取得した個人情報は、本セミナーの参加者の把握を目的として使用しセミナー終了後も、厳重に取り扱います。

この事業は、タケダ・赤い羽根広域避難者支援プログラム2018の助成を受けて開催しています。

311当事者ネットワークキャラバン2018 OKINAWA

フライヤー(PDF): キャラバン2018 沖縄

:主催:特定非営利活動法人えひめ311(ヒラエスプロジェクトチーム)
:協力:特定非営利活動法人まちなか研究所わくわく、福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会、特定非営利活動法人とみおか子ども未来ネットワーク、一般社団法人ほっと岡山
:後援:復興庁、福島県、沖縄県

2018年6月24日(日)|12:30開始
場所:なは市民協働プラザ2F
参加費無料|定員80名

〔お申し込み・お問い合わせ先〕
福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会事務局
メール:jangara31@yahoo.co.jp
電 話:080-6498-6720

〔お申し込み方法〕
メール・お電話にてお知らせください。
沖縄じゃんがら会 HPリンク(http://jangara.net/contact
1、お名前
2、連絡先
3、託児希望の方は、お子さんの人数と年齢  ※締切6/20

わたしたちについて

東日本人震災から7年が経ちました。
今もなお、全国に散らばった避難者は、わかるだけでも68,000人を数えます(復興庁調べ。平成30年4月現在)。
また、避難元へ不安を抱えながらも戻られた方。原発事故の影響を懸念して日々を過ごしている方の様子が、私たちの広域避難者支援を通じて垣問見えます。
私たち「ヒラエスプロジェクトチーム」は、全国各地で避難を経験した当事者として、同じ地域に避難した者同士、また同じ地域から避難した者同士で支え合い助けあってきました。
7年が経ち、私たちの経験はなんだったのか、お互いの声に耳をすませ、語りあい、経験をわかちあいたいと思い、つながり直し、そして動きはじめました。
私たちの声を積み重ねていく全国キャラバンを開催します。
私たちの経験がなかったことにならないように。
未来にしっかりといかされていくように。

【ヒラエス 設立メンバー】

●北海道から
藤本 昭則(茨城県⇒北海道へ避難)
みちのく会(2017年解散)札幌本部長担当
団体 [HP] [FB] ※運営更新が終了しております

●東京から
市村 高志(福島県富岡町⇒東京都へ避難)
特定非営利活動法人とみおか子ども未来ネットワーク 理事長
団体 [HP] [FB]

●愛媛から
澤上 幸子(福島県双葉町⇒愛媛県へ避難)
特定非営利活動法人 えひめ311 副代表理事兼事務局長
団体 [HP] [FB]

●岡山から
服部 育代(東京都⇒岡山県へ避難)
一般社団法人ほっと岡山 代表理事
団体 [HP] [FB]

●沖縄から
桜井 野亜(福島県郡山市⇒沖縄県へ避難)
福島避難者のつどい沖縄じゃんがら会 代表
団体 [HP] [FB]

HIRAETH(ヒラエス)~ 311 Experience?

「HIRAETH(ヒラエス)」は、特定非営利法人えひめ311によるタケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム(2018)の「避難当事者の抱える思いを形にするための“かけらむすびプロジェクト事業」のプロジェクトチームです。

タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム

設 立 趣 意 書

「3.11当事者ネットワーク ヒラエス」
設 立 趣 意 書

 2011年3月11日14時46分に発生した東日本大震災。大地震と大津波、そして東京電力福島第一原子力発電所事故という未曾有の事態に陥り、日本は大きな衝撃を受けました。私たちはそれぞれの土地からそれぞれの土地へ、広域的に避難をすることとなりました。避難生活の中、数々の問題に直面することで、自らも行動を起こさなければならないと感じ、避難元、避難先に関わらず、避難当事者支援団体を発足し、活動を続けてきました。

当事者自らが、広域的な避難者に対する支援に関わることの難しさやもどかしさの中、全国各地で同様の苦悩を抱えながら日々、活動をしている団体との出会いは、勇気や活力を与えあうだけではなく、心が癒される思いもありました。そして、行政機関や中間支援組織、研究者、士業関係者など、さまざまな支援機関に支えられることで、当事者でありながら支援活動を行う意義と、その問題の本質を見出すことができました。

さて、発災から丸7年が過ぎた現在、東日本大震災からの復興を取り巻く状況はどうなっているでしょう。被災地では一定の復興がなされているようにも映ります。しかし、避難者の方々と接すると、住宅支援をはじめとした支援の打ち切りが刻々と進み、その苦しみを口にすることもできない実態があることがわかります。また、被災地からも同様に、孤立や不安、苦しみの「言えなさ」があるという状況が、支援のつながりを通して、私たちに届いてきています。今なお復興が順調に進んでいるとは思えない事象が数多く見受けられるのです。

復興とは、被災者、被害者、避難者一人ひとりのためにあるものであり、それが人間の復興に寄与するものでなければ意味を成しません。

私たちは長年にわたり当事者かつ支援者として「復興」に携わってきました。この意義ある活動経験の中で、私たちが大切にしなければならないものは、一人ひとりが「命と尊厳を守りながら多様性を認めあい、“経験のちから”を分かちあう」ことだと確信しました。
今、改めて、被災者、被害者、避難者の方々一人ひとりの声を拾い、その一つひとつの経験を「知見」として検証を行いながら発信することで、現在の復興に関わる問題のみならず、将来の災害対策や復興政策にいかしていけるような新たな取り組みを、私たちは始めます。

多くの皆様と共に学びあいながら、未来を見据え、安心して暮らせる社会を目指し活動していきます。本団体にご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成30年4月24日

設立発起人  市村 高志
桜井 野亜
澤上 幸子
服部 育代
藤本 昭則