各種催し情報, 活動報告

311当事者ネットワークキャラバン2020 関西

311当事者ネットワーク HIRAETH(ヒラエス)です。
私たちは全国各地で避難を経験した当事者として、悲しみ、怒り、悩み、疑心暗鬼、葛藤、やるせなさなど、様々な感情に触れてきました。そして支援の現場を通じてHIRAETH(ヒラエス)のメンバーと出会い、お互いの声に耳をすませ、語りあい、経験をわかちあいたいと思い、つながり直し、動き始めました。私たちはできる限り、全国でさまざまな経験をもつ当事者のみなさんと、本音でお話したいと考えています。8年が経ち私たちの経験は何だったのか。私たちの経験がなかったことにならないように。未来にしっかりといかされていくように。

耳を澄まし語りあい、 経験のわかちあい。
3.11当事者ネットワークキャラバン2020 関西

2019年1月19日(日)
|参加費無料|定員50名|

※当日参加可能は可能ですが、事前にお申込みいただけると幸いです。

場所聞法会館 研修室①
〒600-8357 京都府京都市下京区堀川通花屋町上る柿本町600番地1 )
———

:開催内容: セミナー&ワークショップ

第1部  <セミナー>

リスク認知の社会的・規範的意味
 ー原発事故の避難者の現場から考える―

・私たちは社会の中で「リスク」をどのように捉えて暮らしているか、福島第一原子力発電所事故の「避難行動」から、リスク認知の構造をあらためて考えます。

〇講師
平川 秀幸氏(大阪大学COデザインセンター 教授)
・講師プロフィール
1964年東京生まれ。2000年国際基督教大学大学院比較文化研究科博士後期課程博士候補資格取得後退学、京都女子大学現代社会学部講師、同助教授を経て現職。博士(学術)。専門は、科学技術社会論(科学技術ガバナンス論、市民参加論)

第2部 <わかちあいワークショップ>

次の災害に私たちの経験が活かされるようにと願いを込めて、みなさんとともに3.11の経験を聴きあい語りあいを行います。
———————————–

|主催・運営 | 311 当事者ネットワーク HIRAETH(ヒラエス)
|協力| 特定非営利法人 和 、特定非営利活動法人日本 NPO センター

|日時|2020年1月19日(日)(9:30開場)
第1部 10:00~11:50 セミナー
第2部 13:30~16:00 わかちあいワークショップ

|場所|聞法会館 研修室①
〒600-8357 京都府京都市下京区堀川通花屋町上る柿本町 600 番地1

|参加対象者|避難当事者(50人程度)
*お弁当(有料:1000円程度を予定)を準備する予定です。
*全国各地のおやつも登場。
*託児あります。お子さんも一緒にお越しください(※要事前予約)
*終了後に懇親会を予定しています(食事代は各自ご負担ください)

<お申し込み内容>
※件名「関西キャラバン 」と記載
   「1部のみ」「2部のみ」の場合はその旨の記載もお願いいたします。
①お名前
②ご連絡先
③ (昼)お弁当  不要・要( 京都「きのわ」 有料:1000円)
④懇親会(予定) 不参加・参加(食事代は各自ご負担ください)
⑤託児希望の方(お名前・年齢・性別)
 ※託児人数把握の為、事前にお知らせください。

<お申込み方法>( 件名「関西キャラバン」)
●H P/問い合わせ・申し込みフォーム
●メール/ info@ hiraeth.work
●電 話:090-1326-8329:事務局(藤本)
※都合により折り返しでの対応となる場合がございます。

本事業は、「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」の支援により、日本NPOセンターとの連携事業として実施しています。


311当事者ネットワークHIRAETH(ヒラエス)事務局
メール:info@ hiraeth.work
HP:http://hiraeth.work/
電話:090-1326-8329(藤本)
〒790-0871 愛媛県松山市東一万町2第3森ビル1階協働オフィス内

1 thought on “311当事者ネットワークキャラバン2020 関西”

  1. この度は[311当事者ネットワークキャラバン 関西]開催にあたり、現地の皆様には多大なるご尽力を頂きましたこと心より感謝申し上げます。
    ご参加頂いた皆さま。ご協力ありがとうございました。

    311当事者ネットワークHIRAETH(ヒラエス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA